演劇スペース しらさぎ

兵庫県姫路市で地域に根ざした演劇活動をしています。興味のある方ぜひ覗いてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

演劇って?その1

akaneさん、熊のプーさんコメントありがとうございます。
見守ってくださる方があるってほんとに励みになります。
 
そもそも演劇ってなんなんでしょう。
わたしはこのごろ自分自身を見る手段なのだと思っているのです。

ドラマや映画を見て感動しますね。 
でもその時は感情移入しますが人ごとなのです。

演劇は、たとえばある役を演じようとしても出来ないとき何故できないのか自分自信を見つめようとするのです。早口のせりふになってしまう、何故早口なの?何故相手の目を見て言えないの?・・・・・

ほんのこれをひとつ取ってみても客観的に見る目を無意識に同時に養っているように思うのです。
ですから人様とのお付き合いも変わってくると思うのです。

あなたはどう思いますか。
続き・・・・・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自分と、もう一人の自分

うーん!確かにむずかしいですネ。
演劇は自分と、もう一人の自分が交差しますネ!

交差する中で例えば、自分がマイナス思考であるならば、
もう一人の自分を、プラス思考に置き変えて見つめると、
正反対の自分が、浮かび上がってきますよネ!

そこに気ずけば、もう一人の自分になりきれるのかも?
うーんでも、やっぱりむずかしーい 理論理屈じゃ無いしネ!

やっぱり演劇は、心磨きの自分磨きなんでしょうか・・・

熊のプーさん | URL | 2008年03月18日(Tue)00:14 [EDIT]


読み取る

いつもあつ~~い思いを語ってくださり、ありがとうございます。楽しみにしています。

ほんと、演劇はむずかしい・・・
というより、むしろ日常をあまりにもずさんに送っている自分に気づかされます。
人と話すときに演劇のセリフほど神経を使っているだろうか、感性豊かに相手の色や音やにおい・・発しているものを感じ取っているだろうか、というと、全くNO!
だからこそ演劇をすることで日常にそれを生かすということが必要になるのかなぁ、なんて考えています。

akane | URL | 2008年03月18日(Tue)06:55 [EDIT]


コスモカラーさん、おつかれさまです。
頑張っておられますねぇ。
最近ブログを立ち上げたとは思えません。

演劇の内容も、素人とは思えないほど深くて、
これはもしや凄いことになるかもしれませんぞ!

週ごとの進化、みんなの気づき、
本部の7期生も頑張らなくてはいけません。

(熊のプーさん、よろしくです)

発表会が楽しみですね。頑張ってください!

でかメロン | URL | 2008年03月21日(Fri)10:34 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。